歯石放置で開いてしまった隙間をセラミッククラウンで

40代女性の患者様です。
歯石取りや歯周病治療を放置してしまい、歯石除去の治療を何回も行った結果、歯と歯の間が開いてしまいました。

歯並びをセラミッククラウンの治療で改善をしました。
現在の歯の方向はそのままを希望されたのでこのような形になりました。
引き続き、治療後も丁寧な歯みがきや定期的なクリーニング治療が必要です。

適応施術:セラミッククラウン

費用(税抜) 1本¥115,000
治療期間(回数) 通院5〜6回、1回約1時間(治療の状態、本数により異なります)
麻酔 局所麻酔。ご希望により静脈麻酔も可能です。
治療の長所 気になっている歯の症状を、比較的短期間で改善することができます。自分の希望に合わせてセラミックの色の調整ができます。経年劣化が少なく、審美性が長く持続します。
治療の短所 元々の歯(天然歯)を削る治療をします。強い衝撃でセラミックが割れる場合があります。歯ぎしりが強い患者様は、セラミックが欠ける可能性があります。

仮歯代、模型代などが別途治療費として掛かります。

保険診療外(自由診療)になります。

セラミッククラウン

ご予約・お問い合わせはお電話、または問い合わせフォームよりどうぞ。

Pgaetop