症例別治療例 虫歯・欠損歯

歯科治療が怖く10年以上放置してしまいました

  • 術前before 術前
  • 術後after 術後
  • 色々な病院で治療を受けてきましたが、歯科治療が怖く、虫歯を治したいと来院されました。

前歯が虫歯で、笑う事が出来ない

ほとんどの歯が虫歯

  • 術前before 術前
  • 術後after 術後術後
  • ほとんどの歯が虫歯、痛みのピークは過ぎ、歯はどんどん無くなってしまい来院されました。

入れ歯の違和感を解消

  • 術前before 術前術前
  • 術後after 術後術後
  • 入れ歯をずっと使用していたそうで、入れ歯の違和感でお見えになられました。

    この症例は入れ歯、インプラント、ブリッジの治療が選択肢になりますが、ご本人の希望によりブリッジ治療で通院されることになりました。

もう入れ歯はしたくない

  • 術前before 術前
  • 術後after 術後
  • 高校生の時に事故をして歯を損失。現在に至るまで入れ歯をしていたそうです。その入れ歯が割れてしまい来院されました。

    もう入れ歯はしたくないのでと、他の治療を希望されました。この様な症例ですと、インプラント治療とブリッジのいずれかになってきますが、ご本人にそれぞれの治療のお話をしてブリッジの治療で行う事になりました。

虫歯・欠損歯・銀歯を白い歯へ

  • 術前before 術前術前before 術前術前
  • 術後after 術後術前after 術後術前
  • まだらな歯の色(1段目の写真)を統一して、きれいな歯並びにしたいと来院されました。

    以前に虫歯で治療をしたそうで、向かって右の前歯には差し歯が入っています。差し歯が元々黄色い歯で、形もシャープではないとのこと。

    他の前歯には虫歯の治療で詰め物が至るところにしてあり、それが変色してまだらに黄色っぽく見えていました。

    下の歯の歯ぐきの境を見ると茶色いものが沈着しています。これが歯石です。
    まず、プロフェッショナルクリーニングを行い、口腔内の汚れを除去しました。
    そして上の前歯はセラミッククラウン治療で色・形ともに整えて治療を行いました。

2段目の写真は向かって左の下の奥歯が欠損した状況です。
このような状況はインプラント治療と選ぶことが出来ますが、今回は短期間の治療を希望されたため、隣の歯を利用してブリッジのセラミッククラウン治療を行いました。

3段目の写真は向かって右の上の奥歯が欠損した状況です。
このような状況もインプラント治療と選ぶことが出来ます。今回は隣の歯を利用してブリッジのクラウン治療を行いました。隣の歯が銀歯ですので、同時に歯を白くするためのセラミッククラウン治療を行いました。

奥歯は見えにくいため意外に放置をしている方が多く見えますが、咬み合わせにも非常に重要ですし、このように歯の無い状態を続けておくことは健康上よくありませんので、ご相談されることをおすすめします。

虫歯と奥歯の欠損

  • 術前before 術前術前
  • 術後after 術後術前
  • 歯科治療が怖く、治療を放置していた患者さんです。
    予後の状態は様々ですが、難しい症例でも治療は可能です。患者さんの治したい気持ちがあれば、QOLを高めるために治療をおすすめします。

奥歯の虫歯

  • 術前before 術前術前
  • 術後after 術後術前
  • 歯並びの相談に見えましたが、左右の奥歯に虫歯がありました。ずっと放置しておいたので、治療に行きづらくなってしまったそうです。

    前歯の治療も行う予定でしたので、せっかく前歯を治しても奥歯に歯がなければ、しっかり咬めませんし、歯並びがさらに悪くなる可能性も出てきます。

    このような方は結構お見えになります。まずは、来院していただくことが治療の一歩の始まりです。

左右奥歯

  • 術前before 術前術前
  • 術後after 術後術後
  • 以前、他のクリニックでラミネートベニアの治療をされたそうです。今回、セラミックが外れたとのことで作り直したいと来院されました。
    口腔内を見ると、セラミックが外れている以外に、奥歯が虫歯で崩壊して、噛み合ってない状態でした。

    ご本人に、奥歯の治療をしない理由を伺いました。一番の原因は歯医者嫌いとか。食事もほとんど咬まずに飲み込んでいるとのこと。

奥歯の噛み合わせがうまくいっていないので、この状態では他の歯にも支障が出てくる可能性が強く、ラミネートベニアの治療をしても奥歯がないために、また近い将来、噛み合わせがさらにずれてきて、外れる原因になってしまうかもしれません。

奥歯の治療の必要性をお話しました。
奥歯は笑ったときは前歯よりは見にくいので、見た目より機能性を重視して治療をすることになりました。 がんばって治療に通われたので、咬むことも再現することができました。左の下の歯もいずれ白い歯にしたいとのことです。

前歯全体

  • 術前before 術前術前
  • 術後after 術後術後
  • 
歯科治療が恐く、できるだけ避けて生活をしていたそうですが、人からも指摘され、笑うことに躊躇する自分を治したいと一大決心をし、来院されました。

    できるだけ何気ない会話をしたり、麻酔の注射の前に麻酔スプレーなどの表面麻酔で歯茎を少ししびれる感じにすることにより、注射時の痛みを緩和することができます。

    どの患者さんにもさせて頂いておりますが、この患者さんには特にその説明を詳細に行い、不安を取り除く努力をいたしました。最後まで頑張っていただけてよかったです。

歯が無くておもいっきり笑えない

  • 術前before 術前術前
  • 術後after 術後術後
  • 以前より虫歯は気付いていたが、怖くていけなかったと来院されました。

    心臓の病を持つ患者さんでいらっしゃいましたが、治療前後にはバイタルチェックを行い、監視を行いながら治療を行いました。

    虫歯を放っておくと噛み合わせが変わり口元にもシワが出来たり、表情が変わってきます。この方は違いますが、虫歯を放っておくことにより心臓病を併発することがあります。口元のケアは体の健康に大きくつながります。

前歯の欠け

  • 術前before 術前術前
  • 術後after 術後術後
  • 1本の欠けた歯が気になっていて人前で笑顔が出来なかったと、来院されました。

奥歯の損失

前歯の損失

  • 術前before 術前
  • 術後after 術後
  • 歯科治療が嫌いで途中で治療をやめてしまいましたが、一大決心をして来院されました。

    前歯から一番奥の歯までセラミッククラウンで治療をしました。

歯の色の変色、破折

  • 術前before 術前術前
  • 術後after 術後術後
  • 歯の色の変色、歯の破折を気にされて来院されました。

    非常にお美しい容姿でしたが、歯を気にして見せないようにされていたせいで、口角が下がり、笑顔も不自然で、「美しいのにもったいない」という印象でした。

    12本のセラミッククラウン治療を開始しました。

    口の周りには沢山の筋肉があります。口角をあげた笑顔は口輪筋のエクササイズにもなり、お顔のたるみ防止にもつながります。笑顔はアンチエイジングのひとつです。

前歯の欠け、歯を真っ白に 上下8本ずつ

  • 術前before 術前
  • 術後after 術後
  • 前歯の欠けを直し、歯を真っ白にしたいと来院されました。

※施術に関する表記やデータは個人差がありますので、あくまで目安としてお考え下さい。詳細はお問い合わせ下さい。